Interview

01

土田 慎悟

技術部 2019年入社

音、力強さ。
はじめて見たプレスの迫力に感動。

もともと「ものづくりを通して世の中の役に立ちたい」と考えていました。就職活動で、はじめての工場見学をしたのが、国産部品工業。そこで見たプレスの音や力強さといった迫力に圧倒されました。そして、こうした工程が積み重なってひとつのカタチ、製品になる様子を、体で感じることが出来ました。また、社員のみなさんが笑顔で挨拶してくださりながらも、同じ方向を向いて目の前の仕事に集中する姿に感動。他の会社の見学にも行きましたが、一番心に残った国産部品工業に入社することに決めました。

試作は量産化に向けた大切なステップ。

現在は3Dレーザ加工機を使用して、エンジンパーツのひとつであるヒートインシュレーターの試作に取り組んでいます。3Dレーザ加工機だけでなく、試作専用の金型など、さまざまな設備・工具を駆使し、チームでひとつの製品を完成させたときには大きな達成感を得られます。試作はただのサンプル製作ではなく、量産につなげていくための大切な過程です。試作であるからこそ高い品質を確保しなければいけませんし、それが量産に移った場合に再現できなければ意味がない。試作時のアウトプット情報を大切にしながら、しっかりとものづくりに貢献していきたいと思っています。

これまで以上に貪欲に、だけど一歩一歩着実に。

以前、先輩が不在時に3次元レーザー加工機を動かせないことがありました。そのとき感じたのは、私自身の力不足。3次元加工には高度なテクニックが求められますが、それをしっかりと身につけ、たとえ先輩がいなくてもしっかりとカバーできる人材になりたい。そのためにもこれまで以上に貪欲に、だけど一歩一歩着実に、スキルアップしていくのが現在の目標です。そして、いつの日か「自分は今こんな仕事をしているんだ」と胸を張って言える人間になりたいと思っています。

message

先輩からのメッセージ

仕事の一つひとつは実際の業務を通して、上司や先輩たちから優しく教えてもらえます。また、よりよい製品をお客さまに提供できるよう、社員全員が一丸となって働く、働き甲斐のある会社でもあります。ものづくりの現場では、やってみないとわからないことがたくさんあります。国産部品工業の何かひとつにでも興味を持っていただけたのであれば、ぜひ挑戦してみてください!