Interview

01

伊藤 啓太

技術部 設計課 2011年入社

技術、知識だけでなく、コミュニケーションで信頼を勝ち取る

私は主に、CAD・解析を使用しての製品設計や、製品の機能評価及び試験などを行っています。
現在は二輪用のヘッドガスケットの設計を担当しており、苦労することも多いですが日々勉強しながら業務に励んでいます。メーカー様と技術的な打ち合わせをしたりと、一緒になって開発を進めていくことで、やりがいと責任を感じます。
タイトなスケジュールでの開発もありますが、学生時代と違いスムーズな業務遂行には、どんな製品ひとつとっても、開発する過程で多くの方たちと密なコミュニケーションを取り合うことで信頼していただくことが大切だと感じました。

自ら設計した製品が世の中に出るという喜び

入社してからしばらくは先輩の補助的な業務が多く、比較的与えられたミッションをこなすという日々でした。しかし、実際に自分が製品開発の担当になると、お客様が求めている最良の形を想像し、どういった評価・試験をすれば良いかなどを的確に判断するという難しさを改めて実感しました。
今まで自分が培ってきた経験などを活かしながら、時には上司や先輩にも相談し、数々の試験を乗り越えた製品が量産されることになった時は大変嬉しく、達成感がありました。
自分が設計した製品が世の中に出ると考えると、とても楽しみです。

自身が得たものを次世代に継承していく

今後も多くの製品の設計を通して、より品質の良い製品を設計できるようになり、その製品が組み込まれたたくさんの自動車やバイクが走っている姿を見ることが私の夢です。
まだまだ分からないこともたくさんあり、上司や先輩にアドバイスを求めることも少なくないですが、より知識を深めて後輩社員の良きお手本となる的確な設計を行えるようになりたいとも思っています。上司や先輩がそうであるように、自分ができるようになるだけでなく、それを新しい世代に伝えていくことが使命だと感じています。

製品を手元に置いて、パソコンで作業をしている様子

message

先輩からのメッセージ

私は大学で機械工学を専攻していましたので、ものづくりに携われることを条件に、しっかりと技術を学んで身につけられる地元企業への就職を希望していたところ、自動車業界で活躍している国産部品工業の求人に目が留まりました。小さいころから自動車に興味があったので自動車部品の製造に携われることに惹かれ、入社を決めました。

入社してから感じたことですが、困ったときには丁寧に教えてくれる上司や先輩は、相談しやすく、とても頼りになります。技術部はもちろん他の部署も上司や先輩との距離が近いため、自分の意見が言いやすく、それを聞いてくれる働きがいのある会社です。