Interview

02

廣瀬 航太

製造部 製造課 2015年入社

金型という生産の土台を支えるものに携わるその責任

私はヒートインシュレーターの金型メンテナンスを担当しています。
ライン工程で使用している金型を溶接や研磨機でメンテナンスしているのですが、金型に問題があると、そもそもの生産に影響を与えますので、大きな責任を感じながら日々業務に取り組んでいます。
1日に数千台打つ金型もあり、その消耗は激しく、復旧に苦労することもありますが、生産ラインの方からメンテナンス明けの金型の質を褒められたとき、改めてこの仕事のやりがいを感じました。

失敗をバネに、成長を続ける

入社して間もなく、生産の前日までに直さないといけない金型メンテナンスを終わらせられないことがありました。生産にはスケジュールがあり、当然金型メンテナンスもそれに沿って行いますが、担当した仕事を完遂することができず、大変悔しかったことを覚えています。
結局その仕事は先輩に協力してもらい、生産には間に合わすことができましたが、より一層の技術力の向上を強く決意しました。先輩の技を盗むくらいの気持ちで業務に取り組み、当時で考えると難しい金型、複雑な金型をようやく一人で直せたときは自身の成長を実感でき、さらなる高い技術を身につけていきたいと思いました。

金型メンテナンスのリーダーになる

まだまだ一人でできる金型メンテナンスは限られていますので、まずは自分一人でもすべての金型メンテナンスを行えるようになりたいです。
先輩方の仕事を見ていると、一つ一つの作業の手際が良く、本当に参考になります。
その技術を身につけ、信頼される金型メンテナンスのリーダー的な存在になりたいと思っています。

製作した金型を持つ廣瀬航太

message

先輩からのメッセージ

私が高校生のとき、同じ学校の友人が自動車が大好きで、話を聞いているうちに私も自動車に興味をもち始めました。製造や自動車業界の仕事に関わりたいと思っていたところ、学校の先生から国産部品工業の募集の紹介をいただきました。入社前の社内見学で社員の皆様が一生懸命仕事に取り組んでいる姿を見て、入社を決意したのですが、入社後もその印象は変わらず、社員全員が前向きに仕事に励んでいて、とてもアットホームな会社だと実感しています。

この会社なら成長できると信じており、新しく入ってくる方々とも切磋琢磨していきたいですね。